月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --年--月--日 | スポンサー広告 | 編集 |

出戻りをかけて

先日のレースで、優先出走権も取れなかった我が愛馬ブルーアンブロシアは、本日付けで中央での競走馬登録を抹消し、地方競馬の名古屋・角田輝也厩舎へ転厩する流れに。

race_110828_ambrosia.jpg
8/28(日)新潟3Rに出走したアンブロシア by ブルーインベスターズ会員HP


愛馬が角田厩舎へ移籍するのは2頭目。1頭目のブルーデザフィーオは南関を経て名古屋へ再移籍したが、アンブロシアはダイレクトに名古屋へ移籍。
角田厩舎は、ブルー再生工場のようなところなので(いいのか悪いのか…)、そこで中央への出戻りをかけることになる。


出戻り条件としては、地方移籍後1年以内に2勝以上すること。デザフィーオは1年が経とうとする頃に2勝目を挙げ中央に再登録されたが、未だ一勝も挙げていない。掲示板さえ載れない。
現在は障害に転向しているが目が出てない状態。
これはある程度想定していたことなので、出戻り後の再出資は控えたが、アンブロシアに関しても、地方でもたつくことがあれば、2勝を挙げられたとしても再出資は控えることになるだろう。

デザフィーオのこともあるので、出戻れた時の再出資の条件としては、

 できれば無傷で2勝以上挙げること
 出戻り時は再び加藤征弘厩舎に所属すること


1点目は、それだけのものを持っていないと中央では通用しないと思っているから。
先日の新潟記念で1番人気になったタッチミーノットも園田からの出戻り組だが、そういう境遇のお馬さんの中で、中央の重賞でも勝負になるようなお馬さんはなかなか現れない。
園田では、転厩初戦に敗れた以外は圧倒的な強さで4つ勝ち星を挙げた。
それくらいの力を見せつけないと、先が思いやられる気持ちになってしまう。

2点目は、デザフィーオの出資を控えた最大の要因にもなったから。
デビュー前から買われていた厩舎に戻れないのは、見切りをつけられたと思えてしまう。
他オーナーさんとの兼ね合いもあるし、馬房の都合もあろう。一年の間に取り巻く環境も変わってしまっているのは重々承知しているが、幼い頃から見守られた人に手掛けてもらうのが一番だと思っている。


まあでも、それはまだ先の話で、まず名古屋(もしくは笠松)でどういう走りをするかですけどね。
アンブロシアに関しては、その時にまた。


まあ厳しい世界だこと。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 人気ブログランキングへ
 満足・納得いただけたらクリックお願いいたします!【人気ブログランキング】
スポンサーサイト
| 2011年08月31日 | 元愛馬情報 | comment(2) | trackback(0) | 編集 |
Copyright (C) もっと身近に競馬ライフ  馬を愛し 競馬を知り 馬券を制す. All Rights Reserved.W3C
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。