まだ終わらない名牝への道

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ:サイン読み,演出競馬
ゆうべ大井競馬場で行われた東京ダービーは、
クラーベセクレタが圧倒的1番人気に応え、牝馬としては20年ぶりとなる東京ダービー制覇。
2着馬との着差はこれまでよりも離れてないが、
道中から積極的に動き、楽な手応えで4角では先頭。
2着馬も勢いよく上がってきたが、直線で差が詰まらなかったということは
クラーベセクレタも同じ脚を使っていたということ。(3着馬まで上がりのタイムが同じなら、そりゃ4角先頭のお馬さんはつかまらんやろ)


これで南関に移籍して5戦5勝。
東京ダービーの勝ち方がわかっている川島正行調教師・安田記念ジョッキー戸崎圭太とはいえ、プレッシャーはあったかもしれない。
けど、終わってみれば、改めてこのお馬さんの強さを実感しただけだった。

次はおそらく来月のJDDだろう。
中央のお馬さん相手は厳しいかもしれないが、引き続き自分の土俵で戦えるので、どこまでやってくれるのか楽しみだ。


ちなみにこのお馬さんはサンデーレーシングのお馬さん。
最近は一口馬主クラブ法人のお馬さんが活躍しますね。ブルーはサッパリですがwww
自分の根拠のない法則ですがw、春G?に一口馬主のお馬さんが活躍すればするほど、
エプソムC以下当面の重賞は個人馬主のお馬さんが活躍すると勝手に思ってますw
果たして今週末、競馬仲間とのclubケイバで、その法則を拝むことができるでしょうか?
結果はどうだろうが、早くも競馬場へ行けることにイレ込みぎみですwww


ここまで読んでいただきありがとうございました。

タグ:サイン読み,演出競馬
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) もっと身近に競馬ライフ  馬を愛し 競馬を知り 馬券を制す. All Rights Reserved.W3C
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。