光は必ず照らす

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ:サイン読み,演出競馬
まだマイルCSの枠順確定は先の話ですが、
マイルチャンピオンシップについて思うところをお話したいと思います。

といっても、サイン的視点ですが…w


ひと昔前は当てやすいG1と言われた時期もありましたが、
近年は波乱に満ちた結果が見られるようになりました。

そして今回、理想ローテの一つとされている秋天組が1頭も出走しません。


まあ、サイン謳う以上データはほぼガン無視ですwww

それを示すものとしまして、
おそらく多くのまともな競馬ファンは、
エリ女を迎えるにあたり、天気や馬場を気にされたかと思います。

でも、私は用事があったとはいえ、前日のうちに結論を出して馬券を買い、
当日朝も同じお馬さんの買い増しをしたくらいです。

…で私の姿勢を訴えるに十分でしょうwww


さておき、マイルCSの最終結論は
もちろん枠順確認や土日の流れを見て出しますが、
現時点で何が勝つ?といった無茶ぶりを自らに振るならば、
トーセンラー頭で勝負したい気持ちです。
実現したらユタカJのG1通算100勝にもなりますね。


ただ、そういう希望的観測ではなく、
やはり今月に入っての流れを見ると、
ユタカを背にしたトーセンラーが勝つことが
光を射す結果としてもたらされるのではないかと感じます。


ポイントは、今年のマイルCSが第30回というメモリアルレースであるということ。
そしてこの時期にこの数字から発せられるメッセージです。

メッセージといっても「3」「0」レーザーではありませんwww
こういう類のものは、G1という格式高いレースではないことでしょう。


ただ、所詮はサイン・演出系の視点で、
自己満の要素も大いに含んでいるかと思いますので、
この背景については、「続きを読む」以降に伏せときますw


(以下追記文)


お付き合いいただきありがとうございます。


今年で第30回のメモリアルレースというマイルCS。
「30」という数字を聞いて何を連想されますでしょうか?

ほとんどの方が台風30号だと思います。

号数と回数のカウント方法はもちろん異なりますが、
30という数字はある意味ホットな数字です。


フィリピンを直撃した台風30号。
台風の勢力は、かつて日本に甚大な被害を及ぼした室戸台風や伊勢湾台風よりも強烈なものです。
900hPaを下回る気圧に、最大瞬間風速は100m/s超。
風がゴールした8秒半後にウサイン・ボルトがゴールする計算です。

海岸線から1km以内の建物は暴風・高潮・高波で跡形もなく崩れ去り、
数多くの犠牲者と被災者を生み、100人近い日本人の安否もわかっていません。
フィリピンにゆかりのあるアイドルもこの台風に遭遇したという話。
自衛隊は1000人規模体制での救助活動です。
言ってみれば、フィリピン版3.11なのかもしれません。

日本は3.11を経験したからこそ、
フィリピンでの被害も他人ごとととらえていない人が多いということなのでしょう。


そして、国内に目を向ければ、
みずほ銀行の融資問題に、食品偽装問題、要冷蔵品常温管理、公職選挙法違反。
震災前から存在していたという福島原発の異常箇所発覚。
国会議員のスタンドプレー、大物演歌歌手の他界など今月はネガなニュースばかりが目立ちます。

明るいニュースと言えば楽天の初日本一くらいでしょうか。


楽天が日本一を達成した時に、
3.11→11.3というフレーズが登場しましたが、
それだけまだ人の心に3.11という記憶が深く残っているからでしょう。
また風化させてはならない出来事です。


この3.11の後、もちろん中央競馬も開催中止となりました。

…が、翌週には早や再開となり、
震災被害を受けて中山競馬場や、そののち福島競馬場での開催は出来なかったものの、
小倉と阪神で中央競馬が再開されました。

この再開の第1Rの結果こそ、
JRAが逆風にある環境で、できうる限りのメッセージを発信したと思っています。


以前も書いたかもしれませんが、当時の小倉・阪神1Rはともに人気薄が勝っています。

ですが、小倉1Rの勝ち馬の馬名意味は「誇れる」です。
そして、阪神1Rの勝利Jは競馬界のエース武豊です。

これからは上を向いて進んでいこうという意気込みにも思えました。

そして、再開翌週には、
ミルコが日本馬を背にドバイワールドカップを制してくれました。


まだACのCMしか流れなかった時期、また競馬をただのギャンブルで片付ける人も多いことでしょう。
でも、夢を与えるスポーツであるプロ野球も4月に延期したのに対し、
震災月の間に明るいニュースをもたらしたのは競馬界だけではなかったでしょうか。


今、取り巻いている暗い状況打破には、
太陽神を背にした競馬界のエースのメモリアルG1勝利が
最高のシナリオだと思っています。

浮き彫りになった諸問題を受けて
ダークシャドウなどとつぶやいたりもしましたが、
このお馬さんやカレンブラックヒルといった暗さが漂う馬名はまたの機会ではないかという気がします。

皆が注目しているニュース、皆が注目するレースだからこそ、
やはり明るい結果の方ではないのだろうかという気がします。


先に触れた通り、もちろん枠順や土日の流れは確認しますが、
結果軸馬が変わったとしても、
トーセンラーの単勝馬券は握りしめると思います。


ここまでお付き合いいただきありがとうございました。



トーセンラー頭のもう一つの背景。
ユタカ世代ならハマった人も多かったであろうものが背景としてあります。
隠ぺい・偽装が浮き彫りになったニュースから閃いたもの…
その心を人気ブログランキングに掲載しておきます。
(たいがい離れた4~5番人気 週末はJRAメルマガピックアップ馬に変更しておきます)


タグ:サイン読み,演出競馬
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) もっと身近に競馬ライフ  馬を愛し 競馬を知り 馬券を制す. All Rights Reserved.W3C
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。