散々デビュー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ:サイン読み,演出競馬
ブルーアンブロシアのデビュー戦が終わった。

17頭立てで3番人気という支持を集めながら、結果は14着と惨敗。

及川勉のパドック解説では2番手評価。「まだ余裕があるけど叩けば必ず走る」とのコメント。
鞍上の吉田豊も、誌上で「使って良くなるタイプ。素質はありそうだけど」と評していた。

 要は叩き台だった??

とはいえ、もう少し見せ場を作らないと、明るい見通しも立たないような結果であり内容だった。
本当に素質のある馬は、仕上がり途上でも恰好をつけるものだ。
勝ち馬との着差は1.3秒。これをどう見るか?次は勝負して大丈夫か?


以下、敗者の弁。(ブルーインベスターズ会員HPより)
騎手コメント
「調教のときもそうでしたが、まだフワフワして気持ちが乗ってきていない感じでした。頭を上げるような感じでゲートを出て、そのまま馬込みの中に入っても同じで、道中気合いを入れていかないといけない感じだったので、もう少しハミをグッと取ってきてくれるようになって欲しいですね。ただ、背中はいい馬なので、レースを経験してくれば、変わってくると思います」

調教師コメント
「直線向いても前ばかり見ていたので、もう少し経験積んでくれば、そのあたりは改善してくると思います。ただ、あんまり前脚を伸ばすような走りではなかったので、次はダートの方がいいかもしれません。ただ、無理に使い込んでも良くないので、一度放牧に出して一息入れて、6週間くらい間隔を空けて、中山のダ1200mを使おうと思います」

まずは一つ勝たないといけないとはいえ、えらい方向転換しそうですね。
向こう1~2カ月で、これらの課題をどれだけクリアし成長を見せるか。
時間はあるようでありません。がんばれ。

タグ:サイン読み,演出競馬
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) もっと身近に競馬ライフ  馬を愛し 競馬を知り 馬券を制す. All Rights Reserved.W3C
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。